求人数が多い建築関係の仕事の現状

建築関係の仕事と聞くと、過酷なイメージが強く、その仕事内容から若者の就職率は低く、慢性的な人手不足だと言われています。しかし、1つのものを作り上げることの満足感や達成感は、他の仕事では味わえないのもの一つであるとも言えます。建築関係の仕事と言っても、仕事内容は幅広く、中でもとび職は危険な職場で、暑さ寒さに耐えながら重たいものを終始運ぶという過酷な仕事ですが、仕事が認められればサラリーマン以上の給料が得られ、独立することも夢ではありません。ほかにも、建築士、設計士、測量士などの仕事があります。職によっては、資格が必要なものもあります。資格がなくても、働き先で経験を積み、少しずつレベルアップをはかることができます。自分が建築関係のどの仕事につきたいか、必要な資格はあるかなども考えながら求人を探すとよいでしょう。

資格がなくてもチャレンジできる仕事

今の日本は、建築希望者は増加しているが、建築関係の人口は少なくなっており、さらに東京オリンピックの準備をしている段階で人手不足の状態です。少しでも建築関係に興味を持ったら、一度チャレンジしてみるとよいでしょう。新卒でこの業界に入りたいのであれば、企業説明会などに参加してみると、仕事内容を丁寧に教えてもらえます。また、ハローワークや転職サイトで見つける方法もあります。さらには、知り合いに建築関係で働いている人がいれば、コネクションという方法もあります。職場環境などがより詳しく聞けるので有効といえます。このように、様々な方法で求人をみつける方法はあり、人手不足のため、比較的採用されやすいといえます。しかし、最初のうちはとにかく大変でしょう。経験をつめば、レベルアップ、給料アップが図れるため、乗り越えることが大切となってきます。

過酷な仕事だからこそ、働きやすい職場を探す

建築関係の仕事は過酷なため、早期退職しないためには働きやすい職場を見つけることが大切になってきます。働きやすい職場とは、どんな職場か、いくつか例をあげて説明します。まずは、労働環境の整備がされている職場です。建築業界では週休1日制や隔週で週休2日制というところが少なくありません。そのため、家族や自分の時間がなかなか作れないのが現状です。しかし、週休2日制の職場を見つけることで、通常企業のように働きやすい職場であると考えられます。また、年齢に拘らず、女性の求人を募っている職場もお勧めです。女性のために、職場環境や福利厚生の制度を見直していると考えられ、男性にとっても働きやすい環境になっているといえるでしょう。また、女性がいることでコミュニケーションが円滑になるということも考えられます。このように、いくつかある求人の中で、比較しながら自分の働きやすい職場を探すことが大切です。

高齢になってからの転職や、今までの仕事が定着していなかった人が働きやすい環境を提供します。 建設事業に特化して5年、退職者はほぼでていません。 求人案件数は市況の上昇により前年比約180%です。 建築・土木・設備の地場案件からスーパーゼネコンの案件まで、全国幅広く情報を扱っています。 知識のみで経験のない方、ブランクを経て再び技術者として働きたい方などに安心の教育システムの実装しています。 相模原の工務店をお探しならビルドアートにお任せください